★ さらに盛大だった2013年、節分祭 ★

 

「さらに盛大」とは手前味噌かもしれませんが、鶴川地区ではここ春日神社

だけの節分祭。年々、楽しみに参加して下さる方が増えているのではないでしょうか。

 少なくとも神社の節分祭は、毎年 ‘パワーアップ’ しておりますよ!

 

 8:30~  大蔵駐在さんによる餅つき大会

 10:00~  拝殿による節分祭祈祷

 11:00~  豆まき

 

今年もこの順番にご紹介してまいりたいと思います。

 

 

まずはこちら。今年三回目になります、町田警察署 大蔵駐在所の田島さん

主催による「青少年健全育成 餅つき大会!!」

 

 

この餅つき大会の主催、田島さんにご登場願いましょう!

 

 

 

 

 

この姿を見ただけで、お…鬼が

逃げていきそうですね?!

 

(大蔵町の人気者に失礼^_^;)

 

 

 

「お餅のように粘り強く、たくましく、優しい子になって欲しい」

 

そんな駐在さんの願いが、ひと搗きひと搗きに込められているようです。

朝早くから遊びに来てくれた子ども達、順番に並んで、田島さんに

手伝ってもらいながら、お餅つきに挑戦しておりました♪

 

 

 

搗きあがったお餅は、鶴寿会の方が仕上げてくださいました。

あんこときなこで、いただきます!

 

10:00からは、拝殿によるご祈祷です。

皆さん、節分祭は ‘豆まき’ だけだと思っていませんか?!

実は、拝殿では神主が神さまに災いを祓い開運招福を祈願しております。

そこには、その年の「年男・年女」の方も参加。

祈祷を受け、祓い清めて後に拝殿での豆まきを行っているのです。 

2013年は過去最高、15名の年男・年女の方が参加されました。

 

↓参加者全員に配られる、赤いはっぴです。

 

 

 

皆さん、赤いはっぴに身を包み、

祈祷を受けた後、

いざ、拝殿へ。

 

張り切って豆を撒き、

福を分けてくださいね!

 

豆まきが始める前に、春日神社総代長よりご挨拶をいただきます。

そこで、井上総代長は♪「節分の唄」♪で盛り上げてくださいました。

 

 

 

鬼は外~

福は内~

ぱらっぱらっ

ぱらっぱらっ

豆の音

鬼は~

こっそり

逃げていく~ 

 

 

いざ、豆まきのはじまり、始まり!

…ちょっと待って。

たくさんの方に公平に行きわたるように、年齢別になっているんですよ。

 

 

 

この手作りの順番表をはじめ、豆まきの縁の下の力持ちをして

下さっているのが…「春日ゆうき会」の皆様です!

 

 

ピンクのはっぴが目印。

いつも蔭ながら活躍していただき、ありがとうございます。

 

豆まきと言っても、炒り豆だけではありません。

たくさんのお菓子を「撒き手」の人数分、回数に分けて用意し、テキパキと

進行をすすめてくださいます。 

節分祭を催すことができるのは、「春日ゆうき会」の皆さまのご協力のたまもの! 感謝。

 

 

春日神社では何と言って豆を撒くかご存知ですか?

「福は~内! 福は~内! 福は~内! 福は~内!」

そう、すべて「福は内」なのです!

 

今年はその「福」の中に、「魚屋路(ととやみち)」鶴川店の恵方巻き

プレゼント券というスペシャルが入っておりました。

魚屋路さまには恵方巻きの奉納と合わせて、数々のご協力ありがとう

ございました。

 

今年で6回目を迎えた節分祭。

各方面の皆様方のおかげで、無事、成功裏に終えることができました。

心より御礼申し上げます。関わった皆さますべてに幸ありますように!

                          

                          (文責・禰宜)