節分祭は澄み渡った青空に恵まれました。感謝。


上の写真は、朝の様子です。

張り出した花道の両角に、何か立っているのが見えますでしょうか。


左の写真の、柊と鰯の頭、そして豆の殻!今年初めての試みですが、豆まきに気合が入りそうです。


土にも注目。二日前に雪が降ってぬかるんだ境内を、前日に総代さんが大改造。セメントと砂を敷いて機械で叩いたものです(°д°)

    拝殿も、国旗と総代長のあしらいによる榊とで、

    節分祭を迎える準備が整っておりました。


とはいっても、まずは大蔵駐在さんの主催による「餅つき大会」から幕開けです。



8時半から、掛け声も高らかに力強く餅つきが始まりました。



大根おろし、きなこ、あんこ。

みんな大好き♪



鶴寿会の方が、丁寧に丸めて下さいます。

餅つきの次は、年男・年女、総代代表が拝殿にて祈祷を受けます。もちろん

そこでお豆もお祓いいたします。祈祷が終わると、まずは拝殿で豆をまいてから、いよいよ神楽殿に移動です!神楽殿の前は、すでに待ちきれない人たちでいっぱいに埋まっておりました。危なくないよう、春日ゆうき会の方や総代さんがロープを張って護衛中。皆さん、押さないでくださいね!


順番が決まってるから

気をつけて~♪













ではたくさん福をもらってくださいね!

♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

    「福はぁ~内」「福はぁ~内」「福はぁ~内」…

福豆の他に「魚屋路」さんの割引券、縁結びの5円玉、ラムネ、チョコ、飴等のお菓子の他になんとスポンジまで!ピンクの法被を着た春日ゆうき会の方々はじめ、多くの方にお菓子等ご奉納いただきました。ありがとうございました。この、何が飛んでくるかわからない‘お楽しみ感’が春日神社の節分祭の醍醐味でありますお菓子の仕分けは、春日ゆうき会によるもの。


皆様、ありがとうございました。

楽しんでいただけたでしょうか。










最後は駐在さんの「福笑い」で一本〆でございます!

 「わぁっはっはっはっ」 遠藤さん、ありがとうございました!!